総量規制対象外とは

総量規制対象外とは

銀行カードローンは、年収の3分の1超も融資OK

最近、銀行カードローンを申し込む人が増えています。その理由は、消費者金融などに比べて金利が低いからだけではありません。「総量規制」という 国のローン規制の対象外となっているからです。


総量規制とは

総量規制とは、個人の借入れの総額を年収の3分の1以下に制限するというルールで、2010年6月の貸金業法改正によってスタートしました。消費者金融やクレジットカード会社などによる過剰な貸し付けを抑制し、多重債務者の増加に歯止めをかける狙いです。

総量規制では、たとえば、年収が300万円の人の場合、借入ができる金額はその3分の1の100万円までとなります。消費者金融から50万円借りていて、さらにクレジットカード会社2社でそれぞれ30万円ずつのキャッシング枠を設けている場合、借入総額(残高)は110万円とみなされます。この時点ですでに年収の3分の1を超えていることになり、新たな借り入れはできません。

ちなみに、総量規制でいうところの「年収」とは、手取りの金額ではなく、税金や社会保険料などを引かれる前の総額です。


銀行カードローンは対象外

消費者金融やクレジットカード会社などは総量規制の対象となっており、借入が年収の3分の1を超えた人への融資は違法です。しかし、銀行は、総量規制の対象外です。

その理由は、銀行が貸金業法で定める「貸金業者」ではないからです。

貸金業者とは、具体的には、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社、商工ローンなどを指します。一方 銀行、信用金庫、信用組合、農協、ゆうちょ(郵貯)などは貸金業者ではありません。

このため、銀行カードローンは貸金業法の規制を受けず、総量規制の対象外となっているのです。


総量規制の対象と対象外の金融業者

総量規制の対象 総量規制の規制対象外
消費者金融 銀行
商工ローン 信用金庫
クレジットカード 信用組合
信販(キャッシングのみ) 農協
  労働金庫

年収の3分の1を超えたら

最近、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超えてしまい、新たな借入ができなくなる人が増えています。銀行カードローンは、そうした人たちが借入をする受け皿として人気が高まっています。

今の時点で借金がない人も、将来、年収の3分の1超の借入をする可能性がある場合は、最初から銀行のカードローンを利用しておくのが賢明です。ただ、銀行は、あくまでも申込者の返済能力を重視して貸し付けをします。過去のローンで長期延滞の履歴が残っていたりすると、審査に通らないこともあります


銀行のおまとめローン

総量規制が導入されて以降、一部の銀行は「おまとめローン」「借り換えローン」に力を入れています。おまとめローンや借り換えローンとは、複数の消費者金融などにまたがっている借入を一括返済し、低金利な銀行ローンに一本化することです。

おまとめローンが利用できれば、総量規制にひっかかって困っている人も、借入総額を増やせる可能性が出てきます。「おまとめローン」という商品を掲げていない銀行でも、消費者金融などからの乗り換えをサポートしてくれる銀行もあります。銀行の窓口で相談してみるといいでしょう。


銀行系でも、カード会社なら総量規制の対象

総量規制を考えるうえで注意しなければならないのは、銀行系のクレジットカード会社からの借金も、総量規制の対象になる ことです。

たとえば、「三井住友カード」は三井住友銀行グループの会社ですが、あくまでもクレジットカード会社ですので、法律的には貸金業者になります。三井住友カードや三菱UFJニコスのキャッシングは、総量規制の対象になります。



トップへ戻る