西京銀行ONE-STYLEローン

西京銀行ONE-STYLEローン

西京銀行ONE-STYLEローン

金利が一律12.6%。低年収の人に有利!

西京銀行(山口県)のカードローン「ONE・STYLE(ワン・スタイル)」は、低所得層の人にたいへん親切なカードローンです。借入限度額にかかわらず金利が一律12.6%なので、他の銀行で金利が高めに設定されてしまいそうな人には、 たいへんおすすめです。


借入限度額に関係なく年率12.6%

西京銀行のカードローン「ONE・STYLE」の金利は年12.6%。借入限度額に関係なく、一律、同じ金利が適用されるのが特徴です。

借入限度額が最低の10万円でも、最高の300万円でも、金利は年12.6%で変わらないのです。


西京銀行のカードローン「ONE・STYLE(ワン・スタイル)」の金利(年率)


借入限度額 金  利
10万円~300万円 12.6%

※固定金利(2012年7月1日現在)

通常、銀行のカードローンは、借入限度額が低ければ低いほど金利が高くなります。

このため、年収が高い人は「高い限度額・低い金利」を享受できる一方で、年収が少ない人は「低い限度額・高い金利」に甘んじなければなりません。

これに対して、西京銀行のカードローン「ONE・STYLE(ワン・スタイル)」は、限度額が低くても金利が変わりません。

低所得層にとてもやさしいカードローンといえます。


50万円以下でお得!

西京銀行のカードローン「ワン・スタイル」の金利の有利さは、他の銀行のローンと比較してみると明らかです。

借入限度額が50万円以下だった場合の金利は、西京銀行の「ワン・スタイル」が12.6%なのに対して、三菱東京UFJ銀行が14.6%です。なんと、2%も西京銀行が有利です。

他のメガバンクと比べてみても、みずほ銀行が14.0%、三井住友銀行が最高14.5%なので、西京銀行のほうがお得だといえます。

全般的に金利が低いとされるネット専業銀行と比べても、西京銀行はお得です。

たとえば、楽天銀行の「楽天銀行スーパーローン」の場合、借入限度額が50万円以下の金利は14.5%となっており、西京銀行よりも1.9%高いです。


借入限度額10万円~50万円のときのカードローンの金利


カードローン名 金  利
西京銀行「ONE・STYLE」 12.6%
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 14.6%
みずほ銀行カードローン 14.0%
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5%
楽天銀行「スーパーローン」 14.5%
西京銀行は固定金利。それ以外は変動金利(2012年7月1日現在、年率)

固定金利

西京銀行の「ワン・スタイル」は、固定金利であることが特徴です。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクや多くのネット専用銀行は変動金利です。

固定金利のメリットは、市場の金利が上昇しても、金利負担が変わらないことです。 日本の財政事情の悪化を背景に国債などの利回りが上昇した場合、変動金利だとローンの金利もつられて上昇する恐れがあります。しかし、固定金利なら、そうしたリスクはありません。


専業主婦におすすめ

西京銀行のカードローン「ワン・スタイル」は、専業主婦も申し込みができます。

通常、専業主婦の場合、借入限度額が低く抑えられ、金利も高くなってしまいます。しかし、西京銀行の「ワン・スタイル」は金利が一律なため、限度額が低めに設定されても利息の面で不利になりません。

パート・アルバイト、年金受給者も申し込みができます。借入限度額は100万円です。


ボーナス併用の返済もOK

西京銀行の「ワン・スタイル」では、返済方法として「元利均等毎月返済」と「ボーナス返済併用元利均等毎返済」の2つコースが用意されています。

ボーナス併用を選べば、毎月の返済額を低めに設定することができます。

返済は通常、普通預金からの自動引き落としで行います。このほか、全国のセブンイレブンのATMなどから、いつでも追加返済ができます。


手続きが簡単

西京銀行の「ワン・スタイル」では、西京銀行に預金口座があれば、申込みから契約まで銀行に来店せずにすべての手続きを行うことができます。

急いで用立てしたい人にもおすすめです。



トップへ戻る