みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

限度額が業界最高の1000万。年4%の超低金利も!

3大メガバンクの一つ、みずほ銀行のカードローン。「みずほ銀行カードローン」は、借入限度額が最大1,000万円と、業界最高水準。金利は最低4%、最高でも14%という充実ぶりです。 数十万円の手ごろな借り入れから、数百万円の大型融資まで、幅広く使いこなしやすいカードローンです。

50万円未満の金利が安い

みずほ銀行の「みずほ銀行カードローン」の魅力の一つは、金利が最も高くても14%(借入限度額50万円未満)だということです。

他のメガバンクでは、三菱東京UFJ銀行の金利が最大で14.6%、三井住友銀行は最大で14.5%です。「年収が少ないので、借入限度額や金利が低く設定されてしまいそうだ」という人には、みずほ銀行がおすすめです

みずほ銀行のカードローンの金利(年率)


借入限度額 金  利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円以上1,000万円以下 年4.0%

※2013年12月1日現在


業界最高水準の限度額1,000万円

みずほ銀行カードローンの借入限度額の上限は1,000万円。

これは、業界最高水準です。

例えば、三井住友銀行やりそな銀行のカードローンの最高借入限度額は800万円で、三菱東京UFJ銀行は500万円。東京スター銀行の「スターカードローン」は200万円です。

借入限度額が高いので、高所得層にはたいへん有利。1,000万円借りる用事がなくても、限度額を高めに設定することで、最低4%という有利な融資条件を引き出すことができます。

また、他社からの複数の借り入れを一つにまとめる「おめとめローン」「借り換えローン」として利用する場合にも便利です。みずほ銀行カードローンに一本化することで、金利が低く抑えることができます。


銀行カードローンの最高借入限度額


カードローン名 最高借入限度額
みずほ銀行「カードローン」 1,000万円
りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」 800万円
オリックスVIP「カードローン」 800万円
住信SBIネット銀行「ネットローン プレミアムコース」 700万円
楽天銀行「スーパーローン」 500万円
アコム「カードローン」 800万円
新生銀行「レイク」 500万円
モビット「カードローン」 500万円

※2013年12月1日現在


便利なスイングサービス

みずほ銀行カードローンのサービスの中で、利用者の評価が高いのが、「スイングサービス」です。

みずほの普通預金口座の残高が不足した場合、不足額が自動的に融資されるサービスです。

クレジットカードの利用代金の引き落としの時に残高が足りない時、ローン口座から預金口座にお金を振り込んでくれるため、カード会社から延滞のペナルティを課されるのを防ぐことができます。

また、みずほには自動振替というサービスもあります。これは、ローンをATMで前倒し返済したときに、払い過ぎた端数の金額を普通預金に回してくれるというものです。

みずほ銀行ではこのほか、自動貸越サービスも提供しており、ATMなどから普通預金を引き出す際に、足りない分をローンの口座から借り入れることができます。


スピード融資

みずほ銀行では通常、ローンの契約をすると、ローン専用のカードを発行するのでなく、キャッシュカードにローン機能を付加します。このため、契約してからお金を借りられるまでの期間が短く、たいへんスピーディーです。


住宅ローンを利用していれば金利が年0.5%優遇。

カードローン契約時にみずほ銀行で住宅ローンを利用している場合は、カードローンの金利が0.5%引き下げられる特典があります。



トップへ戻る