宮崎銀行

宮崎銀行

宮崎銀行

金利が最低6%。月々2,000円からのゆったり返済!

宮崎銀行(本店・宮崎市)の「みやぎんパートナーカードローン おまかせくん」は金利が最低で6%となっており、たいへん有利なカードローンです。

専業主婦やパート・アルバイトでも申込みができるなど、オープンな審査体制にも定評があります。月々の返済額が2,000円からで、ゆったり返済が可能なのもポイントです。

金利は6%~14.5%

宮崎銀行のカードローン「 おまかせくん」の金利(年率)


借入限度額 金  利
10万円~100万円 14.5%
110万円~200万円 12.0%
210万円~300万円 10.0%
310万円~400万円 8.5%
410万円~500万円 6.0%

宮崎銀行のカードローン「おまかせくん」の金利は、年6%~14.5%です。借入限度額が高ければ高いほど金利が低くなり、限度額410万円~500万円では6%になります。

最低で6%という金利水準は、宮崎県の他の金融機関のカードローンと比較して、たいへんお得です。たとえば、宮崎太陽銀行(本店・宮崎市)の「キャッシュフル」は、金利が最低でも7%。宮崎信用金庫(本店・宮崎市)の「きゃっする300」は、最低金利が9.8%です。


宮崎県の金融機関のカードローンの金利の比較


借入限度額 宮崎銀行「おまかせくん」 宮崎太陽銀行「キャッシュフル」 宮崎信用金庫「きゃっする300」
金  利 金  利 金  利
10万円~100万円 14.5% 7.0%、
10.0%、
14.6%のいずれか
14.6%
110万円~200万円 12.0% 12.0%
210万円~300万円 10.0% 9.8%
310万円~400万円 8.5%  
410万円~500万円 6.0%

※宮崎銀行、宮崎太陽金庫は固定金利、宮崎信用金庫は変動金利(2012年7月1日現在、年率)


ゆったり返済

宮崎銀行の「おまかせくん」は、月々の最低返済額(約定返済額)を少なく抑えることができるのが特徴です。

借入残高が10万円以下なら、月々の最低返済額はわずか2,000円。残高20万円以下でも4,000円で済みます。

この最低返済額の少なさは、他の銀行と比べると顕著です。みずほ銀行や三井住友銀行の場合、残高が1万円超~50万円以下の場合は、返済額は月1万円です。

また、宮崎太陽銀行のカードローン「キャッシュフル」は、残高20万円以下のときの返済額は5,000円で、残高20万円超から50万円以下なら1万円です。宮崎信用金庫の「きゃっする300」も、残高が50万円以下なら、月1万円の返済が必要となります。

家計のやりくりがたいへんで、「毎月あまり多く返済できない」という人には、宮崎銀行の「おまかせくん」はおすすめです。ただし、毎月の返済額が低いと、完済(返済完了)までの期間が長くなるため、その分、支払う利息の総額は多くなります。


借入残額が50万円以下のときのカードローンの月々の返済額


借入残高 月々の最低返済額
宮崎銀行「おまかせくん」 宮崎太陽銀行「キャッシュフル」 宮崎信用金庫「きゃっする300」
~2,000円未満 残り全額 5,000円 1万円
2,000円~10万円 2,000円
10万円超 ~ 20万円 4,000円
20万円超 ~ 30万円 6,000円 1万円
30万円超 ~ 40万円 8,000円
40万円超 ~ 50万円 1万円

※変動金利(2012年7月1日現在)

限度額は最高で500万円

宮崎銀行の「おまかせくん」の借入限度額は最高で500万円です。

地方銀行の借入限度額の平均は200万~300万円なので、宮崎銀行は、他の地域系金融機関より高めの限度額になっています。たとえば宮崎信用金庫の「きゃっする300」の借入限度額は最高300万円です。

限度額が高いと、複数の金融機関からの借り入れを一本化して利息を安くする「おまとめ」や「借り換え」に使う際にも便利です。


審査が通りやすいカードローン「さくら」

宮崎銀行には、「おまかせくん」のほかに、「さくら」というカードローンがあります。借入限度額200万円で、金利は年11.4%~14.6%です。「おまかせくん」の保証会社はアコムですが、「さくら」の保証会社は宮崎銀行系列の宮崎信販です。一般的には、自社系列の保証会社の方が、審査に通りやすいと言われています。

宮崎銀行のカードローン「さくら」の金利(年率)


借入限度額 金  利
20万円 11.4%~14.6%
30万円
50万円
100万円
200万円

※固定金利(2012年7月1日現在)


追加返済がしやすい

宮崎銀行のカードローンは、「おまかせくん」も「さくら」も追加返済がしやすいのが特徴です。月々の最低返済額に加えて、ATMやネットからいつでも繰り上げ返済ができます。

毎月の返済が少ないと、返済期間が長くなり、利息の負担が増えてしまうので、追加の返済がしやすいことは重要です。ボーナス時や家計に余裕があるときに多めに返済をすることで、支払総額を減らすことができます。



トップへ戻る