身分証明書だけで借りられるカードローン

身分証明書だけで借りられるカードローンはありますか?

銀行カードローンは、身分証明だけでOK

下記にて詳しく説明しましょう。


印鑑不要

銀行カードローンでは、通常、身分証明書だけでお金を借りることができます。

身分証明書とは、運転免許証、健康保険証、パスポート などです。学生の場合は、これに加えて 学生証 も必要となります。

また、多くの銀行では、借入者本人であれば申し込みに「印鑑」は不要です。借金=印鑑というイメージが強いだけに、これには驚く人もいるのではないでしょうか?

たとえば、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」、みずほ銀行、三井住友銀行などのカードローンは、いずれも身分証明書のみで、すぐに申し込むことができます。

身分証明書以外に、収入証明書等が必要となるのは、借入が100万円を超えるときだけです。一般的に、銀行カードローンの利用は10万円~50万円程度ですから、大半の人は身分証明だけでOKと考えていいでしょう。


銀行カードローンで使える身分証明書一覧

身分証明書
運転免許証運転免許証
健康保険証
パスポート
各種健康保険証
住民票
印鑑証明書
外国人登録原票記載事項証明書
住民基本台帳カード
学生証

健康保険証でもOK

身分証明書といえばやはり運転免許証ですが、最近は免許を持っていないという人も少なくありません。そんなときは、「健康保険証」があれば身分証明になります。

「健康保険証は、写真がついていないからこれだけで身分証明書として認められないのでは?」と、頼りなく感じている人も多いようです。しかし、その心配はご無用。銀行カードローンで身分証明として使うことができます。

銀行以外のカードローン会社では、申し込み時の身分証明として、健康保険証+「顔写真付の公的証明書」の2点の提出を求められることがありますが、銀行なら健康保険証だけで大丈夫です。

健康保険証は、実は銀行のローン審査において、たいへん重視されています。その理由は、サラリーマンの場合、健康保険証だけで勤務先、勤続年数の確認ができるからです。勤務年数は、ローン審査のうえで大切な項目の一つです。

ただ、三菱東京UFJ銀行で、銀行内の無人契約機(テレビ窓口)で申し込み、カードの受け取りまでを1日で済ませたい場合には、運転免許証を提示しなくてはいけません。

窓口とはいえ、遠隔手続きだけに、審査の正確性を高めるための措置です。

ちなみに、運転免許証、パスポート以外の顔写真付証明書として、住民基本台帳カードはたいへん便利です。免許証とちがい誰もが持っているものですから、今後ますます身分証明書として普及していくでしょう。


ネット申し込みなら、身分証明書はコピーを送付

銀行カードローンでは、印鑑も収入証明もいりません から、申し込み方法もいたってシンプルです。

インターネットで申し込みをする場合は、各銀行のホームページから申し込みフォームを記入・送信した後、身分証明書をコピーして郵送すれば手続き完了です。

また、今日お金を借りたいという人は、身分証明書を持って銀行に行き、店頭に設置されている自動契約機で申し込みを行うといいでしょう。自動契約機なら審査が最短30分ですから、その日のうちに用立てが必要な時などはとても助かりますね。


夫には内緒でローンを借りたい場合

専業主婦が、どうしても夫には内緒で銀行カードローンを利用したいという場合、どうすればよいのでしょうか? そんなときには、専業主婦であっても 本人の身分証明書だけで申し込める銀行を選びましょう。

貸金業法の改正によって、消費者金融やクレジットカード会社は、専業主婦の借入に対して配偶者の収入証明をもらうことが義務付けられています。

しかし、銀行は原則として貸金業法の対象外なので義務ではありません。

このため、銀行によっては、夫の収入証明書なしで借りられるところも多いのです。

たとえば、三井住友銀行は専業主婦でも配偶者の収入証明を提出せずにカードローンを申し込むことができます。他のメガバンクやネット銀行各社も、専業主婦のカードローン申し込みを受け付けています。

収入がないわけですから借入限度額はせいぜい30万円程度になることが多いですが、銀行がこうした門戸を開いているというのは、専業主婦にとって心強いことですよね。



トップへ戻る