広島銀行 ハローローン

広島銀行 ハローローン

広島銀行 ハローローン

新入社員から高所得層まで幅広くカバー!

広島銀行(本店・広島市)のカードローン「ひろぎん ハローローン」は、アルバイトや主婦、新入社員でも気軽に申し込める庶民的な銀行カードローンです。その一方で、借入限度額が最高500万円なので、高所得の人にも向いています。



地銀で最高級の借入限度額500万円

広島銀行のカードローン「ハローローン(カード型)」の金利(年率)


借入限度額 金  利
10万円~90万円 14.6%
100万円~290万円 14.0%
300万円~500万円 12.0%

※変動金利(2012年7月1日現在)
広島銀行の「ひろぎん ハローローン」の借入限度額は500万円。金利は限度額に応じて3段階に分かれており、限度額10万円~90万円が年14.6%、100万円~290万円が年14%、300万円~500万円が年12%となっています。

通常、地方の金融機関の借入限度額は200万円~300万円です。たとえば、広島信用金庫(本店・広島市)の「ひろしんカードローン・ダイレクト200」は借入限度額が最大で300万円です。

これに対して、広島銀行の「ハローローン」は借入限度額が最大500万円なので、高所得層や他社からの借り入れを一本化する「おまとめローン」を探している人には頼もしい存在です。


地方銀行のカードローンの最高借入限度額


カードローン名 最高借入限度額
広島銀行「ひろぎん ハローローン」 500万円
広島信用金庫「ひろしんカードローン・ダイレクト200」 300万円
岩手銀行「いわぎんカードローン エルパス」 300万円
南都銀行「E-PACK」 300万円
伊予銀行「新スピードカードローン」 200万円
※2012年7月1日現在

新入社員もOK

広島銀行の「ひろぎん ハローローン」の特徴の一つは、新入社員でも融資を受けられる可能性が高いということです。

通常、銀行カードローンでは、前年度の年収が少なかったり、勤続年数が少なかったりすると、審査に通らないことが多いです。たとえば、もみじ銀行(本店・広島市)のカードローン「マイカードプレミアム」の場合、「勤続年数が3年以上で、前年度の年収が200万円以上」というのが条件になります。

しかし、広島銀行は新入社員からの申込みも歓迎しており、「社会人になって新生活が始まったばかりで、お金のやりくりがたいへんだ」という人にはぴったりです。

このほか、広島銀行の「ハローローン」は、パート・アルバイトや主婦、年金受給者でも利用できます。


少額なら審査も簡単

広島銀行の「ハローローン」は、借入限度額が30万円までの申込みなら、審査項目が少ないため、手っ取り早く借り入れたい人には便利です。

申し込む際に必要となるのは、氏名や年収、現在の住まいの入居開始年月などです。現在の借入状況などについて詳しく記入する必要がないため、申し込みまでの作業がたいへんラクです。


途中の増額も簡単

広島銀行の「ひろぎん ハローローン」は、カードローンを利用し始めた後、 途中で借入限度額を増額することができます。

増額の申込みは、支店の窓口に行かずに、パソコンを使ってインターネットから簡単に申し込むことができます。

最初に一括で借り入れる「分割返済型」も

広島銀行の「ひろぎん ハローローン」には、通常のカードローンに加えて、「分割返済型」というタイプがあります。これは、

契約のときに一括して全額を借り入れるタイプのローンです。

「今すぐ資金が必要で、目一杯の金額を借りたい」という人に向いています。月々の返済に加えて、ボーナス時の返済を組み合わせる方式を選べるため、毎月の負担を減らしたいという人にもおすすめです。

分割返済型の金利は、カード型の借入限度額別の利率と同じですが、借入限度額の最高は300万円となります。


広島銀行のカードローン「ハローローン(分割返済型)」の金利(年率)


借入限度額 金  利
10万円~99万円 14.6%
100万円~299万円 14.0%
300万円 12.0%

※変動金利(2012年7月1日現在)



トップへ戻る