カードローン:即日振込、主婦OK、来店不要など条件で

収入証明書類書(源泉徴収票など)がなくても借りられますか?

銀行カードローンに収入証明書類は不要

一般的にカードローンなどの申込時には収入証明書類が必要とされています。収入証明書などは取り寄せるまでに手間がかかりますし、個人情報なのでなるべく人目に触れさせたくはないものです。

収入証明書類の原則提出不要なカードローンとして下記があげられますが、各社の収入証明書類の有無を確認するとよいでしょう。

  • アコム カードローン ⇒ 50万円までの借入なら原則不要
  • プロミス フリーキャッシング ⇒ 50万円までの借入なら原則不要
  • みずほ銀行 カードローン ⇒ 100万円までの借入なら原則不要


アコム カードローン

アコム カードローン

50万円を超えなければ収入証明書類不要!

アコムとの契約で金額:50万円を超えなければ収入証明書類は不要ですが、50万円を超える契約、または、他社を含めた借入総額:100万円を超える場合は、源泉徴収票などの収入証明書類が必要となってきます。

【申込時に必要な書類】
運転免許証など



プロミス フリーキャッシング

プロミス フリーキャッシン

50万円を超えなければ収入証明書類不要!

プロミスでの借入希望金額:50万円を超えなければ収入証明書類は不要ですが、希望金額と他社での利用残高合計:100万円を超える場合は、収入証明書類が必要となります。

【申込時に必要な書類】
運転免許証(持っていない方...パスポートなど)



みずほ銀行 カードローン

100万円を超えなければ収入証明書類不要!

みずほ銀行カードローンの利用限度額:100万円以下の場合は収入証明書類は不要ですが、100万円を超える場合は年収を確認できる資料のコピー(源泉徴収票/住民税決定通知書または課税証明書/納税証明書のどれか1部)が必要です。

【申込時に必要な書類】
本人確認書類:運転免許証/パスポート/各種健康保険証/住民票などの中から1部





収入証明書類を提出する場合には...

審査時に収入証明書類の提出が必須というカードローンもありますが、
高額借入れを希望する場合や審査時に収入証明書類の提出を求められることもあります。

収入証明書には様々な種類がありますが、下記のものが一般的です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書

一般的なのは源泉徴収票

収入証明書の中でも源泉徴収票は、税務署に提出する書類であるため信頼性が高く、年間の収入(年収)が一目で分かるので収入証明書として最も一般的です。また、これ1枚あれば事足りるため、利用者にとってみても一番便利な収入証明です。

「源泉徴収票」は、雇用している会社が各々に作成して従業員に配るものです。1月1日から12月31日までに支払われた給料について、年に1回発行します。12月か1月の給料と一緒に受け取る人が多いです。それを見れば、自分の年収がいくらかが一目で分かります。

源泉徴収票をなくしてしまった、別の場所に提出してしまったという人は、勤務先の会社に再発行を請求することができます。すでに退職している場合にも、辞めた会社に請求するといいでしょう。

アルバイトやパートであっても、職場でもらうことができます。会社は、雇用形態に関わらず、一定以上の給料を支払っている従業員に対して源泉徴収票を発行することが義務づけられています。

また、複数の仕事に就いている場合は、それぞれの勤務先に別々に源泉徴収票を発行してもらいましょう。それらを合算したものが自身の年収ということになります。

それに対して、「給与明細書」は毎月給料日に配られるものです。特別な理由があって源泉徴収票が手に入らないときや、急いでいるときなどは、この給与明細書の提出でも可能な場合があります。給与明細の場合は直近2カ月分などの決まりがあるため、あらかじめ確認しておくことが必要です


自営業の場合どうする?

自営業やフリーランスなど、個人事業主の場合は、給与制ではないため「給与明細や源泉徴収票がない」ということになります。

このとき、提出できる収入証明書類としては下記のものがありますが、提出する際には“発行後3か月以内”や“収入額と所得額の表示が必須”などの条件付きの場合もあるので、収入証明書類を揃える前に必ず確認しておくことが大切です。

  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 確定申告書
  • 税額通知書


トップへ戻る