審査に通らない場合

銀行カードローンの審査に通らない場合

銀行カードローンの審査に落ちる人って?

銀行のカードローンは、無担保でも借りられる など、多くの人が思っている以上にとても利用しやすいです。しかし、過去に借金返済の延滞履歴があったりすると、審査に落ちることがあります。審査に通過しない主なケースを見てみましょう。


年収が少ない

銀行がカードローンの審査にあたって、何より重視するのが、その人の「返済能力」です。銀行にとって、貸したお金が返ってこないのが一番困るからです。返済能力を判断する際の最大のポイントは、「収入」(年収)です。無収入だったり、年収が数十万円以下しかなかったりすると、審査に落ちることがあります。ただ、本人が収入ゼロでも、配偶者に収入があれば、融資をしてくれる銀行も多いです。


勤続年数が短い

銀行カードローンの申込書には、たいてい、現在の勤務先での勤続年数を記入する欄があります。勤続年数が短いと、審査に落ちることがあります。審査不通過の目安となる勤続年数は公表されていませんが、一般的には、勤続年数が3か月~半年以下だと不利になるようです。


複数の借金がある

銀行カードローンを申し込む時点で、複数の金融機関や貸金業者から借り入れがあると、審査にパスしない場合があります。具体的には、すでに2~3社以上から借入れをしていると、審査に不利だといわれています。

銀行は、ローン審査の際に、「個人信用情報機関」という第三者機関を通じて、申し込んだ人の借入状況を必ずチェックします。個人信用情報機関には、全国の個人の借金残高や返済の履歴などのいわゆる「クレジットヒストリー」(クレヒス)が集められています。ローンの申し込みを受けた銀行は、個人信用情報機関を使い、他の銀行や消費者金融、クレジットカード会社での借入状況を把握します。

ただ、銀行の中には、複数の消費者金融などにまたがっている借入を一括返済し、自社のローンに一本化してもらう「おまとめローン」「借り換えローン」を積極販売しているところもあります。こういう銀行では、複数の借り入れがある場合でも、審査は通りやすくなります。


延滞の履歴

過去のローンの返済で何度も延滞をしたことがある人は、審査に通りにくくなります。一般的には「ひとつのローンで3か月以上延滞した履歴のある人は、審査に通りにくくなる」と言われています。1か月未満の短期間の延滞履歴であれば、あまり問題にはならないでしょう。


事故の履歴(ブラックリスト)

過去に借金に絡んだ「事故」を起こしたことがあると、銀行カードローンの審査に落ちる可能性は高くなります。事故とは、自己破産、任意整理、あるいは、税金滞納などによる資産差し押さえなどのことです。

個人信用情報機関が握っている事故の情報は、通称「ブラックリスト」と呼ばれています。ブラックリストに名前が載っていると、ローン審査に通るのは難しいと考えていいでしょう。


複数に申し込み中

短い間に複数のカードローンの申し込みをしている場合も、審査に不利になります。ローンを申し込むと、その情報は個人信用情報を通じて各金融機関に共有されます。同じ時期に何社にも申し込んでいると、よほどお金に困っているのかと思われます。一般的には「1か月以内に3社以上に申込みをすると、審査にマイナスになる」と言われています。

これは、「申し込みブラック」とも言われます


あくまで銀行次第

カードローンの審査に通るか、通らないかは、あくまでそれぞれの銀行の判断次第です。審査にパスする自信がない人は、審査が緩そうな銀行をじっくり選んでから申し込むのが得策です。









他社件数などの知識を審査速報で学ぶ

アコムやトラストなどで借りるとなると、件数がポイントになってきます。なぜなら審査の問題があるからです。バイトの方などは、それを気にする事も多々あります。金融会社から借りる時には、他の会社では状況が重視されるのです。例えばアコムなどで借りる前に、トラストで借りていたとします。問題はその会社での延滞の有無です。以前に融資を受けていた会社で何かトラブルが生じた場合、アコムでの融資が難しくなるケースもあります。

それと弁護士に相談した時なども、やはり難しい事もあるのです。いわゆる整理手続きなどを行った場合は、以後の借り入れは難しくなってしまうからです。ちなみにその審査に関わる情報などは、審査速報などで確認をする事が可能です。様々な金融商品の審査に関わる事をまとめたサイトが存在する訳ですが、そこで各社の情報を見ると、審査に通る為の知識を得られる傾向があります。ですので無難に借りたいと思うなら、速報などを一読すると良いでしょう。





プロミスは端末でいろいろ操作できるかも

。審査基準はゆるかったりします。インタビューで答えてる人もいますし、プロミスは端末などいろいろあったりしますし、審査基準もよかったりします。体験者インタビューもあったり、返済遅いのはないのでは。そして、生活費として使うとき、一時の急な出費もなんとかなるはずですが、家族が急に入院した医療費、子の塾の入会金も馬鹿にならないといったことが現実で、一時的な出費は、あとはコツコツかえせば何とかなるはずです。

問題なのは毎月生活費が既に赤字の時で、これは伽寝具しても返済のあてがないはず。これより、妻もパートで働いたるするなどをしたほうがいいでしょう。返す当てがない借金はすぐにふくれあがって立ちいかなくなるもの。

最終的に1社の借入額上限までかりれば次が困り、そうなれば他社へ借入することに。特に2,3社とそれぞれへの返済ができればいいですが、それは不可能。そうなれば新たな借入先を作り、もともとの借入先への返済に充てます。これも地蔵を見ることに。使い道でこわいのは依存症です。その代表がギャンブルなのです。





最小借り入れ額や審査での年齢

カードローンの商品も色々あるのですが、それにも様々な違いがあります。例えば、借りる金額に関する違いがあるのです。例えば商品Aの場合は、1万円単位で借りる事ができます。それに対して商品Bの場合は、もっと小刻みで借りる事もできる訳です。後者は数千円前後で借りる事も可能ですが、前者が原則として1万円以上になります。このような最小借入金額に関する違いがあるので、自分に最適な商品を選ぶようにすると良いでしょう。

また最短期間に関する違いもあるのです。非常に早く借りれる商品もあれば、やや時間がかかる商品など様々です。ところでカードローンは、借りる事ができる可能性が大きなポイントになります。審査があるからです。

中でも年齢などは、重要度がとても高いです。最低の年齢に達していないと、ローンの審査で落とされてしまう事もあります。未成年の方々の場合は、基本的には最低年齢に達してから、そのローン商品の申し込みをすると良いでしょう。"





バンクイックは銀行カードローンなのに審査が早いです

バンクイックは、メガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行が運営しているカードローンです。知名度の高い都市銀行が運営しているというだけで、抜群の信頼感があるのですが、いろいろとメリットの多いカードローンなので、大人気になっています。特に人気を得ている点は、銀行カードローンらしからぬ審査の早さです。銀行カードローンといえば、金利は安いけれども審査に時間がかかりすぎることで知られています。

いくら低金利でお金を借りることができたとしても、必要なタイミングに間に合わせることができなくては、お金を借りる意味がなくなってしまいます。なので、急いでお金を用意する必要がある時は、消費者金融カードローンを利用するのが確実だと言われてきました。その常識を覆したのが、バンクイックです。何と、消費者金融並みの最短30分という迅速審査が実現されています。

おまけにテレビ窓口を利用すれば、申し込み手続きからカード発行まで最短で40分となっていますので、すぐに現金を手に入れることができます。金利が安い上、即日融資にも対応しているために、消費者金融カードローンからバンクイックに乗り換える人が続出しています。テレビ窓口は土日祝日も営業していますので、本当に便利です。



トップへ戻る