カードローンの審査と即日融資ヘッダー画像 カードローンの審査と即日融資ヘッダー画像

おすすめカードローンのご紹介

住信SBIネット銀行 カードローンプレミアムコース

倒的な金利の安さ。最高でも年利10%!

住信SBIネット銀行のカードローン「ネットローン」は、金利の低さが業界内で圧倒的で、他を寄せつけないものがあります。 さらに、今なら最初の2か月分の利息が実質無料になるキャンペーンも実施中で、ダントツのお得感です。

融資最高額 700万円 金利 3.5%~10.0%
融資 数日 担保・保証人 不要
収入証明書 100万まで不要 使用用途 原則自由
必要書類 口座があり100万円以下なら不要。 お申込み対象者 ×学生
○パート・アルバイト・主婦


オリックスVIPローンカード

業界トップクラスの低金利3.5%を実現!

「オリックスVIPローンカード」は、最短即日融資可能です。WEB契約"即契"なら、必要書類もアップロードで提出できるというスピードが魅力です。また、オリックスグループの優待サービスも利用できてお得です。

融資最高額 800万円 金利 3.0%~16.8%
融資 即日 担保・保証人 不要
収入証明書 必要 使用用途 原則自由
必要書類 運転免許証
運転免許証取得されてない方は、健康保険証 ・パスポートなどの写し(いずれか1通)
お申込み対象者 ×学生
○パート・アルバイト・主婦

カードローン基礎知識

基礎知識(1):カードローンの種類と審査の内容

お金を借りる方法は色々ありますが、手軽なものとしてカードローンがあります。今は銀行や消費者金融各社がテレビCMを盛んにしているのでカードローンという言葉はずいぶん馴染み深いものになりました。

このカードローンは複数の金融機関で利用が可能で、非常に便利ですから使っている人は意外と多いのです。ただカードローンのキャッシングを利用するには当然ながら審査があります。金融機関から見るとお金を貸すのですから、お金を返してくれなさそうな人には貸し出しをしてくれません。インターネットの検索では”審査の甘いカードローン”と検索している人が多いようですが世の中はそれほど甘くないということです。

審査は金融機関によって条件が変わりますが、銀行系だと厳しく消費者金融ならば緩くなる傾向があります。銀行で利用する場合はある程度の収入と職歴が必要です。収入は多いほうが良く、職歴は大手企業や公務員だと通りやすいです。また銀行に口座があって取引をしているのなら、銀行はその人のお金の出入りを詳細に把握できます。ですのでメインで使っている銀行のカードローンを使うと審査に通りやすくなるとも言われています。

一方、消費者金融の場合は、全体的にカードローンの審査がゆるく銀行のローンの審査に落ちた人でも通る場合があるようです。安定した収入がある程度あればいいのでパートやアルバイトでも審査に通る人が大勢います。ただ収入が全くない専業主婦などは、利用ができないので注意が必要です。

カードローンの審査で問われるのは収入や職歴ですが、過去の借入が問題になることもあります。過去の借入は、とある機関に情報が記録されているので、過去に返済で問題を起こしているとすぐにバレてしまいます。審査が通らないので虚偽の申告をする方がいるようなのですが、嘘が通るほど甘くありません。過去の借り入れの情報は、一定の期間は信用情報機関に情報が残っています。そのため過去の借入返済で問題を起こしていると、殆どの金融機関のローンが使えなくなります。

審査で大切なのは安定した収入と信用です。今は必要なくてもいざという時にお金を借りられるように、普段からお金の管理をしたいものですね。


基礎知識(2):カードローンの審査で落ちない為には

1.過去の支払遅れは注意

キャッシングやクレジットの取引履歴(クレジットヒストリー)は、個人信用情報として登録されています。過去に支払遅延があった場合は要注意です。数日程度であれば問題があったことが履歴として残りませんが、支払遅延の繰り返しや数カ月未払いとなると、ほぼ審査は通らないでしょう。申込のあった金融機関は、スコアリングという方式で審査しています。このスコアリングとは、申込者の属性(勤務先、年齢、家族構成)や、他の借入れ額、取引情報を総合的に判断することです。一定の基準に達しない場合は、審査に通らないことになります。 その中で一番問題となるのが金融事故履歴です。個人信用情報としては『異動』と記録されます。この異動とは、返済していない、もしくは債務整理したことを示します。いずれにしても、返済遅延などの履歴は発生から5年間、消えることはありません。審査に不安な方は、申込先の金融機関が、どの個人信用情報(全銀協やCICなど)の内容を閲覧するかわかりますので、一度、確認することをお勧めします。(一部、郵送でも開示可能です。)

2.短期で複数の申込をしない

キャッシングの申込をする際、どこが良いか比較をする事があります。 申込の際、2社、もしくは3社など複数の中でいずれかの審査が通れば良いと考え、とりあえず全てに申し込んで しまうことはNGです。申込を受けた金融機関は審査の為、個人信用情報を確認するのですが、この確認したという履歴が残ります。例えばA社が審査した履歴が残っている状態で、B社が審査の時にA社にも申し込んでいるという事実は把握されます。このように複数の金融機関に申し込んでいる場合、お金に困っていると判断され、審査も慎重になります。本人は1社だけ契約したくて申し込んだだけという軽い考えは、金融機関には通用しません。複数社への申込をしているという事実のみを客観的に評価されます。複数社へ同時申込する事を、申込ブラックと呼んだりもします。毎月のように新規申込をすることも、困っていると判断されます。では、どのタイミングで申込をするのが得策かというと、前回の申込から半年後となります。理由は、申込時の個人信用確認記録は、半年すると消えると言われているからです。少しでも審査を通り易くする為、『一度に複数社へ申込しない』『前回の申込から半年経過している事』を心掛ける事です。

3.借入れ限度額を知ること

消費者金融などからのキャッシングは、年収の3分の1以内と法律で決められています。総量規制と呼ばれるものです。複数社から借入れしている場合でも、総額で計算されますので、限度を超える借入れがある場合は、新たな借入れは出来ません。申込の際は、他者借入れを含め、正直に申告しましょう。申告に虚偽があるかどうかは、審査の際の個人信用情報確認ですぐにバレます。年収がアップしていて追加の借入れをしたい場合は、収入証明の提出で、増枠に応じてくれることもありますので、必要な方は一度相談されても良いかもしれません。なお、消費者金融などは定期的に契約者の状況を確認する場合があり、年収が下がってしまった場合で借入れ総額が限度を超えている場合、追加借入れを断られるケースも存在します。いずれにしても、身の丈にあった借入れ計画を立てることが重要です。



カードローンコラム


カードローン利用の利点

カードローンなどのキャッシングは利用すると返済が大変だと言われています。そのためクレジットカードのほうがいいと言われていますが、一括払いであればともかく、リボ払いにするのであれば話は同じです。

リボ払いにしてしまうとクレジットカードは本来の便利さがかなり減殺されてしまいます。利用することでポイントは多めにつくかもしれませんし、返済額も非常に軽減されます。しかし、利息だけは着々と付き続けますから、いつまで経っても支払が終わりません。使っていないのに支払が続くわけです。

しかも、リボ払いが問題視される理由は、他の支払額と一括請求されるため「支払が続いている」ということが認識されにくいのです。消費者金融で新規にお金を借りようとする人の中にはクレジットカードのリボ払いがきつくなったという人がいます。一つだけならまだしも、支払っている意識が少ないため次の買い物をリボ払いでしてしまい、次第に毎月の返済が増加してしまうのです。

クレジットカードは割が悪い

クレジットカード利用の目的は支払が1か月から2カ月後に繰り延べられるという点にありますが、それだけではなくポイントによるキャッシュバックを重視している人も多いようです。信販会社としては収益拡大のためにリボ払いをしてもらいたいため、ポイント付与率を上げたりしています。

最近はリボ払い専用カードというクレジットカードも多く発行されており、年会費が無料であったりキャッシュバック率が高くなったりしています。どんな少額な買い物もすべてリボ払いなので「支払額は定額」ですが、いつまで繰り延べられるかはわからないのです。

このように、多少キャッシュバック率が高くなっても、結局は年利16%程度の手数料率に負けます。最後は店舗も利用者も信販会社に対し、手数料という名目で支払が発生するのです。さほど大きな金額でなければ別ですが、金額が大きくなるとクレジットカードの利用は割が悪くなるのです。

リボ払いより利率が高そうだけど

これに対し、キャッシングは一見リボ払いより利率が高いように見えます。また、多くの会社ではキャッシングについて否定的な指導を新入社員に対しているようです。キャッシングを無条件に避けている人も少なくないようです。

しかし、信用力が高い顧客に対して銀行や大手消費者金融では利率の低いカードローンを提供しています。中には、最高金利が年利10%を下回っている割のいいカードローンもあります。これに対し、どんなクレジットカードでもリボ払い手数料を10%以下まで下げていることはありません。

人により違いはあるでしょうが、キャッシングの金利は契約者の信用によってずいぶんと差があります。大企業の正社員や公務員の方のように信用力が高ければ、リボ払いを利用する必要性は高くありません。

返した者勝ちです

リボ払いもカードローンのようなキャッシングでも借金であることには変わりありません。両者ともに絶対的な金利水準が高いため、早めに返済することが鉄則なのです。つまり、繰上返済をすることで元本を減らし、利息支払を最低限にすることが一番有利な使い方なのです。

その観点からすると、クレジットカードのリボ払いは大変使いにくいことがわかります。リボ払いの繰上返済は不可能ではありませんが、サービスセンターなどに電話をして振込先と返済額を確認して振込をするのです。当然振込手数料は自分の負担です。

これに対し、キャッシングであれば繰上返済はコンビニATMで可能です。手数料は必要ですが、多くの場合108円ですし、銀行系カードローンであれば手数料が不要な場合もあります。消費者金融であっても店舗のATMを使えば手数料はいりません。当然繰上返済のタイミングはいつでもオッケーです。

所詮両者ともに借金なので、早く返した者勝ちなのです。リボ払いなどという名前に惑わされないようにしたいものです。


リボよりカードローンにしよう

このようなリボ払いよりカードローンなどのキャッシングを利用した買い物のほうが有利なのです。もちろんブランド物のバッグのようにどこで買っても値段が同じ商品も少なくありません。百貨店の買い物などは特にそのことが言えます。百貨店ではかなり有利なハウスカードを提供していることがあるため、使わないとかなり割高な買い物を強いられることになります。

この場合でも、一括払いをするのであれば別ですが、リボ払いをするのであればカードローンなどのキャッシングを併用することをお勧めします。カードローンの商品内容は金融機関ごとに異なりますが、余裕があるときに繰上返済をすることにより、利息負担が少なくなることは間違いありません。

割のいいクレジットカードを選ぶことも大切ですが、それ以上に支払方法にも気を遣うことが賢い消費者の鉄則です。

クレジットカードは1回払いに限定しよう

クレジットカードのリボ払いが不利であることはここまで述べたとおりです。支払額が多くなったりすると、支払日のことが気になり、リボ払いにしたくなります。最近は支払日直前にリボ払いに変更できるサービスがあり、口座残高が少ないとそちらにしたくなるものです。

しかし、カードローンの申込をしたりすることで資金的な問題はとりあえず解決します。現在利用しているカードローンであればそちらを利用すればいいですし、消費者金融と付き合いがなければこれを機に申込をすればいいでしょう。

クレジットカードにもキャッシング枠があり、こちらでキャッシングすれば話が早いように思われます。しかし、クレジットカードのキャッシングは利率が年利18%程度と貸金業法の最高金利です。繰上返済がしにくいこともあり、お勧めできるものではありません。

ちなみに消費者金融で新規に申込をする場合、クレジットカードのキャッシング枠があると、貸金業法で定められている総量規制と言われる融資規制の足枷になることがあります。持っていてもあまり意味がありませんから、サービスセンターなどに電話をして解約してもらった方がいいでしょう。

締め日の利用で3カ月無利息!

大手消費者金融の中には、契約後最初の30日間限定で無利息としていることがあります。結構人気のサービスなのですが、契約日から無利息期間がスタートするため、契約と同時にお金を借りる必要があります。

このサービスとクレジットカードの締め日を組み合わせることで、最高3カ月の無利息で支払を繰り延べることができます。

クレジットカードには締日があり、支払日は大体その20日程度後になります。信販会社によってはこれが1カ月後の場合もあります。もし、締日の翌日に買い物をすると支払日までに最大2か月間の猶予ができます。そして、支払日に消費者金融で契約をして借入をすればさらに1か月間無利息で借りることができるわけです。

消費者金融では「即日融資」というサービスをしているため、このようなことができるわけですが、審査で何らかの問題が生じたり、申込の時間が遅かったりして即日振込に間に合わず引落不能になるリスクがある点には注意が必要です。

しかし、ブランド物のバッグを百貨店で買う場合には、締め日と即日融資を組み合わせることでずいぶんと有利な買い物ができます。

目に見える安心感

締め日を利用した買い物の方法はちょっとしたテクニックですが、カードローンなどのキャッシングを利用する一番の利点は、自分が借りている金額が明確になる点です。明確になるからこそ、繰上返済をしてちょっとでも元本を減らそうと思えるのです。

これに対し、クレジットカードのリボ払いは面倒な表が支払請求書に印刷されるだけで、自分の要支払額がわかりにくいのです。しかも、毎月の支払額が一定なので余計安心してしまいます。

カードローンも毎月の支払額が一定であることには変わりありませんが、否応なしに自分の借入残額は、返済の都度明細表に表示されます。このような目に見える安心感が、クレジットカードを利用したリボ払いより、カードローンをお勧めする最大の理由なのです。












カードローンがなんと即日OK?

ところでスピーディーに利用したい時はどうすればよいのでしょうか? あなたは「カードローン即日」というものをご存知でしょうか。これは、金融機関が営むサービスの一種で、お金を一定額借りる代わりに、返済の際に金利と呼ばれる上乗せ料金を追加して支払うというものです。このカードローンを使用する際に気を付けなければならない点は多数存在します。次にそれについてご紹介します。

気を付けなければならない点の1つ目は、即日借入が可能かどうかです。ローンを組む際には、お金を借りられるかどうかの審査を受ける必要があります。また、ものによっては審査に時間がかかってしまう場合もあります。早く借りられるに越したことはないので、ローンを組む際はできるだけ即日借入が可能なものを選びましょう。気を付けなければならない点の2つ目は、金利が低いかどうかです。金利は利用するローン会社によって大きく異なってきます。この金利が低ければ低いほど、月々に支払わなければならない料金が減り、生活への負担を軽減させることができます。

利用する際は、できるだけ低金利の物を選びましょう。気を付けなければならない点の3つ目は、限度額についてです。利用するローンによって、借入可能なお金の限度額は異なります。自分の借入する額についてよく考えてから、利用するローンを選ぶようにしましょう。この他にも気を付けなければならない点は多数存在します。最低限、先ほど挙げた三つについて気をつけ、自分に合ったローンを利用するようにしましょう。



安売り店の秘密

大型家電製品を買う際に価格比較サイトを参考にする人が増えてきました。しかし、上位の店舗は現金払いばかりで自分には用がないと無視する人も多いです。結局大きな差はないとあきらめて、近くの家電量販店で買い物をすることが多いです。

しかし、実際に買い物をしてクレジットカードで支払をしても一括払いができるわけではありません。最初からリボ払いを選択して、年利16%程度の手数料を支払うことになります。しかし、巷で言われているように、支払が楽です。利率の高さを意識することなく不利な買い物をさせられてしまっているのです。

価格比較サイトを利用する人は現金で支払うことを考えている人が多いです。しかし、その全員が現金を持っているわけではなく、キャッシングで借りようと考えている人も含まれます。とはいえ、リボ払いよりキャッシング利率のほうが若干高いため、合理的ではないと言われることも多いです。

しかし、家電量販店と価格比較サイトで上位にランキングしている店舗では1割程度の価格差があります。商品内容は全く変わらないので、現金で1割引きで買ったほうがいいに決まっています。

なんでこんなに安いのか?

家電量販店と同じものを売っているのに、価格が1割程度安いのは理解できないかもしれません。しかも、商品は不良品でも何でもなく正規品です。大型液晶テレビなどだけではなく、写真が趣味の方であれば高価な一眼レフカメラの交換レンズなども安いのです。

価格差の秘密は、信販会社に支払う手数料の有無です。大手量販店の場合であっても信販会社に対して売上の3%程度の手数料支払はあります。大手でなければ最低5%程度の手数料支払は避けられません。これだけでも5%の価格軽減ができるのです。

更に、この手の現金決済の店舗は在庫を持ちません。注文があると卸売店やメーカーに直接発注します。場合によってはメーカーから直接注文主に発送することもあります。メーカーや卸売店も、このような店舗が多くなってきたため無視することができなくなり、ある程度の売上が確保できることから「協力」するようになったのです。

あきらめるのは早い

現金払いなどできないから無理だとあきらめる人も多いようですが、キャッシングを使えばいいのです。確かにリボ払いをするより年利換算で2%から3%程度の不利さはあります。しかし、価格差が1割あればその差は余裕で吸収できます。

家電量販店の中には、値引交渉を受け入れる店舗もあります。このような場合、クレジットカードではなく現金であればちょっとした値引きに応じてくれることもあります。しかし、大手量販店のクレジットカード手数料は案外低いので、現金支払をしてもらっても思ったほどメリットはありません。

大手量販店は、広告宣伝費などの広告宣伝費にお金がかかっています。そのため、コスト高になりがちなのです。商品宣伝はメーカーサイトや大手量販店に出ているカタログを見てもらい、商品販売だけに徹した現金決済専門店がベストの買い物ができる販売店なのです。

商品は同じです

とはいえ、この手の店の中には海外の粗悪品を販売している店舗があるのではないかと疑っている人が少なくありません。実際に届く品物を見れば、メーカーからの直送であったりするため安心するのですが、注文するまではそんなことはわかりません。

実際に手にする商品は家電量販店で買うものと同じですが、疑わしいようであれば価格比較サイトをいろいろ見ていただければ疑惑はある程度晴れるでしょう。ただし、パソコンの部品などの中には規格が入り組んでいて、思ったような性能を発揮しないものも含まれています。価格差があまりに大きいものはちょっと警戒したほうがいいかもしれません。

また、同じ商品であっても、海外からの逆輸入品にも注意が必要です。メーカーによっては海外での価格戦略上、日本国内よりかなりの安値で輸出していることもあります。この場合、各種保証を現地のサービスに限定していることが多いです。つまり、日本のサービスセンターに持ち込んでも相手にしてくれないことがあり得るのです。少なくとも無償保証期間は適用されません。

このような注意点があるので、商品を選ぶ際にはちょっと注意が必要です。ただし、このような例はあまりないため、販売量が多くて価格比較サイトでの人気も高い店舗であれば間違いはないでしょう。



トップへ戻る